COLUMN

【特別対談】青木良文さん&クリス-ウェブ佳子さんに聞く風の時代、自分らしく軽やかに生きるコツ

誰もが予想しなかったことが起き、これまで当たり前だった日常生活が次々に覆され、
変遷を目の当たりにするかのような状況は、今も続いています。
そんななか星の動きに変化があり、約200年間続いた「地」の時代は終焉を迎え、「風」の時代が到来。
どうやって新しい時代を過ごしたらいいの?と気になるところ。
ファッション&占いエディター青木良文さんとモデルのクリス-ウェブ佳子さんに
そんな時代を自分らしく過ごすヒントをもらいました。

ファッション&占いエディター
青木良文さん

女性誌でファッションと占いページをディレクション。
多数の連載を持ちラジオやトークショーなど幅広いフィールドで活躍。
その人柄とポジティブにさせてくれる言葉に、みなファンに。

モデル、コラムニスト
クリス-ウェブ佳子さん

モデル業のほか、 ラジオでのトークやエッセイを執筆し書籍化するなどマルチな分野で活躍。
交友関係、行動範囲はグローバル。二女の母。

ウェブさん(以下敬称略):青木さんは数年前から2020年は大きく変わると言ってましたよね。

青木さん(以下敬称略):10年ほど前、40代を迎えるにあたって未来の動きを見た時、西洋占星術で
2020年が時代の転換期になると知りました。
風の時代に突入しましたが、佳子ちゃんの縛られていない生き方や自由に楽しむ姿はまさに風の時代の生き方。
なかでも大切なキーワードは“自愛”です。

ウェブ:“自愛”って自分を大切にして自分軸を持っていくことですよね。

青木:まさにそう。“偽り”って人の為って書きますよね。
今までの土の時代はそれが美しかったかもしれないけど、風の時代は自分自身を大切に、自分らしく生きることが社会とつながる鍵。
人のためはとても大切なことだけどそれを主張しすぎるとどこか嘘っぽく見えてしまうことも。

ウェブ:私の中での“自愛”は、離婚したことが大きなきっかけになった気がします。
それまでママ向けの雑誌「VERY」の専属モデルをしていたこともあって、離婚をしたら仕事がなくなるのでは、とか
周りからどう見られるんだろうと気にしていたけど、離婚をしてみたらそんなことは一切なく、むしろ自分と向き合う気持ちの余裕ができ、
幸せになりたいという気持ちが溢れてきたんです。

青木:風の時代はいろんな家族の形が増えてくると思います。
今後は事実婚や週末婚、別居婚をはじめ、離婚後も一緒に暮らす、血縁のない家族関係を結ぶなど、“新しい家族の形”を選べるように変わっていくはず。

ウェブ:離婚してから脱毛を始めたのも自分を大切にしようと思える気持ちから。スキンケアを丁寧にするのもその一つです。

青木:そうなんですよね。美容は自愛の最たるもの。今年は“マインドフルネス元年”と言われていますが、心を満たすことができる人って強い。
“自愛”というと何から始めていいか分からない人も多いのですが、佳子ちゃんのように自分のケアもそうですし、
女性にとっては“ランジェリー”ってすごく影響をしてくるんです。

ウェブ:そうなんですね。私もコラボするほどランジェリー大好きです。

青木:女性は“水”の気でできていると考えられています。その“水”の気を司るのが肌なので “ランジェリー”がより重要に。
これからは見た目より目に見えない印象の時代とも。
直接肌に触れるランジェリーは、その人の印象を左右するそう。
自分にとって心地よくきちんと選ばれたランジェリーを身につけることは自愛に繋がり、印象を育てます。

ウェブ:私も今、ランジェリーを選ぶ基準は自分が心地いいかどうか。
黒や盛ったり締めつけたりするものはやめました。
その点、“cohan”のランジェリーは体が喜んでいると感じるくらい身につけていてストレスフリー。

青木:胸とお尻って金運を司どるところと言われているので、合わない下着をつけていると金運がダダ漏れ(笑)。
ランジェリーの上下を揃えたり、せめて同じ色で統一することは自分自身の印象を整えるためにとても大事なこと。

ウェブ:可愛い女性より“可愛らしい”女性でありたいと思っていて。それも印象ですよね。

青木:今年1年間は“憧れの女性像”を持つことも大事だそう。その憧れの女性が身につけていそうなランジェリーを選ぶのもいいと思います。

ウェブ:下着は英語で“Foundation”というように自分を作る基礎になると思っています。

青木:そうですね、ランジェリーは自分と向き合うきっかけになります。ご縁にも繋がるからランジェリーや下着選びで自分を大事にして欲しいですね。

対談したのはウェブさんも長年通う
GOLDEN BROWN

ジューシーなパテと皮はしっかり中はふわふわのバンズのハンバーガーが絶品。ボリューミーで大満足のハンバーガーはウェブさんファミリーも大好き♡
http://www.goldenbrown.info

Photo / Arima Shusei
Hair&Makeup / Hitomi Akiyama
Text / Ayu Tachibana